臓器別に見るがんの症状と検査方法

胃がんの発症にはピロリ菌の感染が深く関係しています

胃壁の内側の粘膜に発生し、粘膜の下層へと広がって進行する「胃がん」は、胃の痛みや不快感、胸やけ、吐き気、食用不振などを主症状としており、喫煙、暴飲暴食、ピロリ菌の持続感染などが原因として指摘されています。これらの不快な症状が続く場合には、ドラッグストア等で購入した胃薬を飲むのではなく、胃がん検査を受けることが大切です。

ペプシノゲンとピロリ菌のABC検診

胃の痛みなどの症状で消化器内科を受診し、内視鏡検査を受けたところ、早期の胃がんが偶然発見されることもあります。また、胃の出血による影響で黒い便が出たり、貧血などになって胃がんに気付く人もいます。食べ物の通りが悪い、体重が大きく減少するなどの自覚症状がある場合は、すでにがんが進行している可能性もあります。

近年、胃がんとの関係で注目されるようになったのが、ヘリコバクター・ピロリ菌の存在です。ピロリ菌は、胃の出口あたりの粘膜に生息している悪性の細菌で、世界保健機関(WHO)は疫学調査の結果から発がん物質と認定しています。ピロリ菌の感染経路は依然譜面な部分もありますが、保菌者である母親から幼児期の子供への経口感染が有力視されています。一度感染すると除菌しない限り胃の中に生息し続けるのが特徴です。

ピロリ菌の除菌治療は、胃・十二指腸潰瘍に健康保険が適用されていましたが、2013年からは胃がんの発生が懸念される慢性胃炎も健康保険の対象になりました。これはピロリ菌による慢性胃炎に対して、薬の有効性と安全性が確認されたためです。

ピロリ菌の感染を調べるには、迅速ウレアーゼ試験、培養法、抗体測定、尿素呼気試験などがあり、これらのうち一つの検査を受けて、さらに内視鏡検査で胃の中を診察します。ピロリ菌養成の慢性胃炎と診断されると、2種類の抗生物質と胃酸の分泌を抑える薬を7日服用する除菌治療を行います。

胃がんを調べる際には、胃のX線撮影、内視鏡検査を行うのが確実です。そのうえで、採血を行い、ピロリ菌抗体の有無や胃粘膜の萎縮度を判定している自治体もあります。これは将来の胃がんリスクを調べるものです。ピロリ菌の感染が確認された場合、除菌することで胃がんの発症リスクを大きく低下させることができますが、除菌が確認された後でも癌を発症する人もいるので、定期的に胃がん検査を受けることが大切です。