臓器別に見るがんの症状と検査方法

担当医以外の医師から意見(セカンドオピニオン)を聞いて納得できる治療の選択を!

がんの種類によっては、標準治療(現時点で最も効果が高いと科学的に検証されている治療法)がありますが、患者さんを実際に治療する際には個々の事情に合わせて、医師の方針は異なります。患者さんのなかには不安や疑問を抱きつつも、「主治医の先生の治療方針だから…」とそのまま治療を受けられることも少なくないようです。しかし、そういう時は第三者の医師から客観的な意見を聞く「セカンドオピニオン」を利用できることを覚えておきましょう。

担当医とがん患者の信頼関係が大切

他の医師からセカンドオピニオンを聞くことは、主治医の機嫌を損ねるのではないか、今後の治療に影響を及ぼすのではないかと心配する患者さんが多いようですが、患者さんの当然の権利として認められています。どうしても心配な方は、セカンドオピニオンの内容に関係なく、主治医に報告することを伝え、以降も相談に乗ってもらいたいと説明しておくと安心でしょう。

セカンドオピニオンの結果、主治医と同じ結論に至ったとしても、治療に臨む際の納得度が全然違いますし、異なる治療方針が示されたときは、複数の選択肢の中から自分が納得できるものを選ぶことができます。

主治医の治療方針に関係なく、最初からセカンドオピニオンを聞くことを決めている場合でも、主治医の意見(ファーストオピニオン)をしっかりと理解しておくことが大切です。そうしないと別の医師から異なる治療を示されたときに、混乱して不安が増すばかりという事態になりかねないからです。全国にある「がん拠点病院」には、相談支援センターが設置されていますので、セカンドオピニオン外来のある医療機関などを紹介してくれます。

セカンドオピニオンを聞く際は、いきなり医療機関を受診するのではなく、まず主治医に紹介状(診療情報提供書)を書いてもらい、これまでの検査結果や過去の病歴などの記録を受け取っておきます。紹介状や検査データなどが欠けていると、不必要な検査を受けたりする必要があり、セカンドオピニオンまでに時間を無駄にしてしまいます。

セカンドオピニオンを受ける医療機関が決まったら、窓口やホームページで診療時間や受診方法、予約の仕方、必要な書類について確認しておきましょう。主治医の方針のどこに不安や疑問を感じているのか、医師に訊きたいこと、確認したいことをメモにして持参すると効果的です。

セカンドオピニオンを受けた結果、その医療機関で改めて治療を行うことが自分に合っていると判断したら、それまで診てもらっていた医療機関から引継ぎに必要な紹介状や治療経過などのデータを貰う手続きを行いましょう。