臓器別に見るがんの症状と検査方法

胆石症や胆のうポリープがある人はがんのリスクが高いため定期検査が必要です

肝臓と十二指腸をつなぐ胆管の途中にある袋が「胆のう」と呼ばれる臓器で、肝臓から分泌される胆汁を蓄え、食事の際に放出し、脂肪の消化を助けるという役割を担っています。この胆のうと胆管に発生する悪性の腫瘍が「胆のうがん」です。

他の臓器に比べて非常に小さい胆のうは、がんができると胆のうからあふれて肝臓やすい臓などに転移しやすいうえ、進行度が早く、黄疸やしこり、下痢などの自覚症状が現れた際には、すでに手遅れとなっているケースもしばしばです。

胆のうがんは、胆石症を合併する頻度が高いことが高いことで知られています。最も多いの胆のう結石で、その多くは胆汁内に増えすぎたコレステロールが石灰化したものです。胆石の摘出手術の際に、偶然胆のうがんが発見されることもあります。

胆のうがんは女性に多く、好発年齢は60〜70歳代です。検査としては、まず腹部超音波が行われ、異常が疑われた際にはCTやMRIによる精密検査を行います。黄疸がある場合は、採血を行い、血清ビリルビンをはじめ、胆道系酵素のALPやLDH、γ-GTPの数値を調べます。胆石症や胆のうポリープがある人は、定期的にかかりつけ医に経過を観察してもらうことが必要です。